スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

壁を「透視」して人の動きを検知、MITが無線LANの電波で実現、このような技術を創価学会が悪用

【日頃の被害記録】

8月26日(月)

昨日は休みだったので鳥取市郊外まで出掛けたのですが、午後4時半過ぎに帰宅してパソコンをしていたら、電磁波での強制睡眠の眠気被害で眠らされて、起されたのが午後6時50分頃でした。

そして、夜の午後11時前に入浴をして出ると、再び電磁波での強制睡眠で眠らされて、一度午前2時ジャストに起されて、午前4時45分ジャストには完全に起され起床しました。

このように、私は365日電磁波により、睡眠・起床操作されております。

☆同じ鳥取県の被害者のミランダ様のブログ
【さくらんぼの実る頃 ~テクノロジー犯罪被害者の日記~】
テクノロジー犯罪被害では、人を強制的に眠らせたり、覚醒させたりすることができます。
http://sakuranbonokisethu.blog.fc2.com/blog-entry-331.html



昨日郊外に出掛けた時の昼食です。
パンケーキがとても美味しかったです♪
P1040184(1).jpg
P1040192(1).jpg
P1040193(1).jpg


にほんブログ村 その他生活ブログ 犯罪被害へ
にほんブログ村
いつも応援クリック頂きありがとうございます。



壁を「透視」して人の動きを検知、MITが無線LANの電波で実現、このような技術を創価学会が悪用

現在の医療・軍事のハイテク技術は日々進歩して行きますが、このようなものを、良い方向に使われたら良いのですが、利権目的等で悪用する団体もおります。

このような技術は、我々のような集団ストーカー・テクノロジー犯罪被害者が、嫌がらせされながら実験台にされて実用化されていくのです。

今回の『壁を「透視」して人の動きを検知』の技術にしてもそうです。
これは数年前からあり、盗聴・盗撮の目的で実際に創価学会や警察が密かに使っているものす。

☆壁を「透視」して人の動きを検知、MITが無線LANの電波で実現
http://techon.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20130704/291005/

=引用です=

米Massachusetts Institute of Technology(MIT)は、同大学の研究者が、無線LAN(Wi-Fi)の電波を用いて動く人間を検知するシステム「Wi-Vi(Wi-Fi Vision)」を開発したと発表した。コンクリートの壁の向こう側にいる人の動きを知ることができる。近い将来、安価な対人レーダーとしてさまざまな用途に利用できるようになる可能性が出てきた。

 Wi-Viは、一般的な無線LANの電波を発射して、人間に反射して戻ってきた電波を受信することで、受信器と人間間の距離や人間の動きを知るシステムである。つまり、原理的には一般的な測距用レーダー・システムと共通性が高い。ただし、従来の測距用レーダー・システムは専用に割り当てられた電波帯域を用いている上に、価格やシステム寸法の点においても、一般消費者が使えるようになる可能性は低かった。

 今回、MIT Department of Electrical Engineering and Computer ScienceのProfessorであるDina Katabi氏の研究チームは、人間を対象にした測距用レーダーを、低コストのWi-Fiで開発した。低価格かつ小容積のシステムが実現できる。

動く物体からの反射波だけを検知

 MITによれば、開発は容易ではなかったという。無線LANで利用する電波は部屋内部の家具や机、壁や天井で乱反射する上、壁を透過して戻ってくる電波は発射した電波のほんの一部だからだ。Katabi氏らは、壁などに反射して戻ってくる電波を抑圧し、動く人間に反射して戻ってくる電波だけを取り出す技術を開発することで、Wi-Viの開発につなげた。

 Wi-Viシステムの最小構成は、送信用アンテナ2本と受信用アンテナ1本を備えたWi-Fiのトランシーバである。送信用アンテナ2本は互いに位相が逆で、同じ強さの測距用電波信号を発射する。これによって、静止している物体からの反射波は互いにほぼ相殺し、動く物体に反射した電波だけを検知できる。動く物体とは、多くの場合、人間ということになる。検知の解像度も比較的高く、腕の動きなども検知できる。

 Katabi氏が想定する用途はいくつもある。その一つは、災害救助だ。地震などで崩れた建物内に閉じ込められた人の有無や生死を知ることができるためである。体が動かなくても、腕などを動かせれば、その動きで分かるという。

 また、泥棒や盗聴などに対するセキュリティー確保にも利用できる。壁の向こうに人がいるかどうか、そして何人いるかもある程度分かるからだ。携帯機器に実装して利用すれば、自分を物陰に隠れながら尾行する人の検知も可能になるという。

Microsoftが注目

 さらには、壁越しのコミュニケーションやジェスチャーでの家電の操作にも利用できるという。

 MITによれば、既に米Microsoft Researchの研究者がこの点に注目しているという。既存のKinectなどで用いられているジェスチャー入力機能は、赤外線を用いており、利用者が機器の正面にいなかったり障害物があったりすると利用できなくなる。Wi-Fiの電波でジェスチャー入力が実現すれば、ジェスチャー入力の用途の幅が広がるのだという。


=引用終わり=

【関連動画】

建物を透視できる技術を開発


集団ストーカー X線装置をゴーグルにする?!


テンペスト壁の向こうからパソコン画面を盗撮できる電磁波盗聴


にほんブログ村 その他生活ブログ 犯罪被害へ
にほんブログ村
いつも応援クリック頂きありがとうございます。



【鳥取・米子街宣告知】

集団ストーカー被害者の会ネットワーク
山陰被害者の会では、9月1日(日)に第1回鳥取米子街宣を行います。

開催日:平成25年9月1日(日)
集合時間: 12:45
開始時刻: 13:00
場所:JR米子駅前(バス乗り場寄り)

※雨天決行

注意事項 
・サングラス・マスク、深い帽子の3点着用はご遠慮願います。
 (1点のみ着用可)
・プラカード大歓迎、演説ご希望の方は原稿をご用意下さい。
・映像のupは主催側で行います。
 映像のボカシが必要な方は事前にお申し出願います。
・街宣終了後、懇親会も予定しています。
・懇親会のみの参加×

活動内容は、演説、チラシ配り、署名活動、のぼり旗です。

参加希望の方はミランダ様のブログまで。
http://sakuranbonokisethu.blog.fc2.com/blog-entry-332.html


にほんブログ村 その他生活ブログ 犯罪被害へ
にほんブログ村




スポンサーサイト
プロフィール

とうふちくわ

Author:とうふちくわ
在日カルト創価学会と創価警察による、集団ストーカー・テクノロジー犯罪被害者。

最新記事
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。