スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テクノロジー攻撃も強化週間・米海軍乱射事件起こした人物は様々な嫌がらせを受けていた

【日頃の被害記録】

9月24日(火)~25日(水)

三連休が終わり今朝の鳥取地方も晴れています。
連休最終日の月曜日は家でゆっくりと過ごしていました。

カルト鳥取警察署の前代未聞の不祥事動画をアップされたので、予定してた集団ストーカー強化週間が思うように出来なくなってしまったので、予想通り最後の砦、テクノロジー攻撃も強化週間になったようです。

23日午後7時50分~、食後少ししてから、いつもの電磁波での強制睡眠照射が始まり、我慢できずに寝てしまい、強制的に起こされたのが午後9時15分ジャストでした。

24日午前0時20分~、入浴後、被害者さんとスカイプをしてから就寝すると、
国営暴力団の鳥取警察署の不祥事動画をアップされたのが気に入らない事と、連休が終った事もあり、基地外カルト創価公明党と創価警察の馬鹿のお家芸、電磁波での激しい痛みの照射の身体攻撃を30秒毎に延々と照射され、予想通りのワンパターンぶりで、結局就寝したのが、午前3時過ぎでした。
その後も何度も起こされ浅い眠りにさせられて、最終的に起こされたのがいつもより遅い、午前6時30分ジャストでした。

25日午前0時20分、昨日は仕事が終わり、知人と逢って食事をしたので帰宅が遅くなりました。
25日午前1時25分、入浴後就寝すると直ぐに、2夜連続の基地外カルト創価公明党と創価警察の馬鹿のお家芸、電磁波での激しい痛みの照射の身体攻撃が開始されました。

25日午前2時半~4時、その後も2夜連続の基地外カルト創価公明党と創価警察の馬鹿のお家芸、電磁波での激しい痛みを背中に延々と照射され一睡も出来ず。
今年7月に今の住居に引っ越してから一番必死に攻撃されました。

全国交通安全運動と同時に、集団ストーカー(ローテク)強化週間に向けて、より効果的にさせる為の意味もあるのでしょう。
そして何よりも、前回の記事のカルト鳥取警察署の前代未聞の不祥事動画をアップされたのが相当気に入らないのでしょう。

★帰宅を狙って、又々鳥取警察署が集団ストーカー、交通課が全国交通安全運動中に交通違反


このように私はカルト創価公明党と創価警察から、365日電磁波照射で、睡眠・起床操作されております。
創価公明党とカルト創価警察は、ターゲットを普通の生活をさせないよう日々必死にテクノロジーを駆使して嫌がらせをするのです。
自分達にはむかう者、気に入らない者に、とにかく毎日嫌がらせをしないと気がすまないのが、反日朝鮮カルト創価公明党と創価警察であり、まさしく朝鮮人や在日のメンタリティです。

【過去の記事】

☆創価学会や警察を中心とする組織犯罪、電磁波技術で強制的な眠気や騒音での睡眠妨害
http://ameblo.jp/touhutikuwa08/entry-11581487525.html

2.19集団ストーカー犯罪周知活動 日護会編
ネズミを撃退する電波・超音波等の危険なものを人間に向かって使う連中がいる!←それが世界一の卑怯者団体、殺人カルト創価学会と創価警察です!


にほんブログ村 その他生活ブログ 犯罪被害へ
にほんブログ村
いつも応援クリック頂きありがとうございます。




米海軍乱射事件起こした人物は様々な嫌がらせを受けていた

=旬な話題&ダイアリー様より引用です=
☆米海軍乱射事件起こした人物は様々な嫌がらせを受けていた。
http://ameblo.jp/scoop168/entry-11619399465.html

今月16日にアメリカで起きた米海軍乱射事件ですが、

襲撃を行った人物が様々な嫌がらせを受けていたそうです。


・電磁波を照射される被害

・脳内に音声を送信される被害

・寝室の天井から睡眠を邪魔する振動を送られていた。


睡眠まで妨害されたらかなりイライラして

日常生活にも相当悪い影響が間違いなく出てきます。


詳しくはこちら(翻訳ソフトで翻訳するとある程度はわかるかもしれません)
http://communities.washingtontimes.com/neighborhood/freedom-press-not-free/2013/sep/18/elf-extremely-low-frequency-clue-alexis-motives/




日本でも今年の5月に低周波で攻撃されているという人が
殺人未遂事件を起こしています。


埼玉の殺人未遂「隣家の住民から低周波で攻撃されている」と相談
「隣家の住民から低周波で攻撃されている」という
事実関係はどうなのか、書いてありませんが、



このままテクノロジー犯罪が野放しにされたままだと
ドンドンこんな事件が増えてきそうです。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
隣家の女性を刺して重傷を負わせたとして
6日に殺人未遂容疑で現行犯逮捕された、
さいたま市西区、無職佐藤武広容疑者(61)が、
事件直前、埼玉県警大宮西署を訪れ「人を殺すかもしれない」と
訴えていたことが分かった。

この際、署は「危険性はない」と判断し、佐藤容疑者を親族に引き渡したが、
佐藤容疑者は約2時間後に隣家に侵入し、女性を包丁で刺した。

 県警によると、佐藤容疑者は6日午後零時15分ごろ、
大宮西署を1人で訪れた。当直長の男性警部に
「隣家の住民から低周波で攻撃されている。このままでは殺してしまう
かもしれないので留置場に入れてほしい」と話した。
当直長は佐藤容疑者が落ち着いていたことなどから、
市内に住む佐藤容疑者の義兄に連絡、午後2時半ごろ引き渡した。

 佐藤容疑者は、義兄方から自宅に戻った後の午後4時50分ごろ、
包丁を持って隣家に侵入。
この家に住む女性(60)を隣の家の庭まで追いかけ、包丁で背中を刺した。
女性は全治約1カ月の重傷を負った。署は女性方に注意喚起などの連絡をしていなかった。

 県警は女性の容体が安定するのを待って11日、女性の家族に謝罪した。
12日、当時の判断の是非などについて調査するため対応検討委員会を設置した。
県警は「結果として事件が発生しており、
何か配慮するべき点があったのではないかと考えている」としている。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
http://www.chunichi.co.jp/s/article/2013051390122640.html より引用


=引用終わり=

カルト創価学会・公明党が行っているテクノロジー犯罪は、下記の動画のような軍事技術が悪用されています。

【動画紹介】


米軍の新しい非殺傷兵器「ADS」とは?


元英諜報部員が語る電磁波(マイクロ波)兵器


【過去の関連記事】

★創価学会が悪用している技術、壁透過型レーダーで個人識別して、その個人にマイクロ波発射!
http://ameblo.jp/touhutikuwa08/entry-11616185549.html
★電磁波(マイクロ波)兵器は、現存する!!
http://ameblo.jp/touhutikuwa08/entry-11607746210.html
★「中国軍は電磁波武器を開発」 囚人拷問にも利用か=米軍報告書
http://ameblo.jp/touhutikuwa08/entry-11607046574.html
★自動車やトイレが狙われる サイバー攻撃の新たな脅威・創価学会の電磁波・監視人工衛星http://ameblo.jp/touhutikuwa08/entry-11596668132.html
★創価学会や警察を中心とする組織犯罪、電磁波技術で強制的な眠気や騒音での睡眠妨害
http://ameblo.jp/touhutikuwa08/entry-11581487525.html


にほんブログ村 その他生活ブログ 犯罪被害へ
にほんブログ村

【街宣情報】

今月も集団ストーカー被害者の会ネットワークでは、東京・千葉・大阪・京都・名古屋の全国各地で街宣が行われるようです。
詳細は下記をご覧ください。

☆集団ストーカー被害者の会ネットワーク
http://gsti.web.fc2.com/



スポンサーサイト

創価学会が悪用している技術、壁透過型レーダーで個人識別して、その個人にマイクロ波発射!

【日頃の被害記録】

9月18日(水)

今朝の鳥取地方も晴れていますが、昼と夜の温度差が激しいです。

昨日は久し振りに全く被害が無い一日という記事を書きましたが、365日24時間嫌がらせがモットーの、底意地の悪い朝鮮脳の、腐ったカルト創価公明党と創価警察組織が実行する犯罪行為ですから、そんな日が長く続くはずがありません。

昨夜は午後11時45分過ぎに、電磁波照射での強制睡眠照射が来たのでベットに寝ると同時に、胸周辺を狙う激し身体攻撃が何度も照射されて、睡眠妨害が午前1時半過ぎまで続きました。
今朝は午前5時45分ジャストに強制的に起こされて起床する。

このように私はカルト創価公明党と創価警察から、365日電磁波照射で、睡眠・起床操作されております。
創価公明党とカルト創価警察は、ターゲットを普通の生活をさせないよう日々必死にテクノロジーを駆使して嫌がらせをするのです。
自分達にはむかう者、気に入らない者に、とにかく毎日嫌がらせをしないと気がすまないのが、反日朝鮮カルト創価公明党と創価警察であり、まさしく朝鮮人や在日のメンタリティです。

【過去の記事】

☆創価学会や警察を中心とする組織犯罪、電磁波技術で強制的な眠気や騒音での睡眠妨害
http://ameblo.jp/touhutikuwa08/entry-11581487525.html

元英諜報部員が語る電磁波(マイクロ波)兵器


にほんブログ村 その他生活ブログ 犯罪被害へ
にほんブログ村
いつも応援クリック頂きありがとうございます。




創価学会が悪用している技術、壁透過型レーダーで個人識別して、その個人にマイクロ波発射!

日本での電磁波犯罪は、紛れも無く創価学会と警察を中心とする反日組織が実行して、何年も前から、罪も無い一般人に対して行われている人権侵害の犯罪行為です。
下記のような記事の技術も、創価学会を主体とした加害者が、集団ストーカー・テクノロジー犯罪被害者に対し悪用している技術です。

日本でも、アメリカやロシアのように、一刻も早い法改正が必用です。


=【自衛隊の犯罪を斬る】様から引用です=
☆壁透過型レーダーで個人識別して、その個人にマイクロ波発射!
http://blogs.yahoo.co.jp/patentcom/4600622.html


米軍は、
壁透過型レーダーを使って、
壁を隔てて他人の心臓の鼓動を検出して、
個人を識別する技術を開発しました。

この技術を使うと、建物の内部にいる特定の個人を識別して、
その個人に対して、マイクロ波パルスを照射して、
幻聴を聞かせることができます。

即ち、部屋に複数の人がいても、この技術により、
特定の個人をマイクロ波ビームで狙い撃ちできます。
要するに、幻聴を聞かせることができます。
この技術はレーダー技術の応用であり、リモートセンサーでもあります。

この技術に類似する技術として、
心臓の鼓動でなく、脳波で個人を識別することも可能です。

米国海軍が既に離れた場所から脳波で個人を識別する技術について
米国特許を取得しています。

この技術により、離れた場所から特定の個人を識別し、
その個人の脳にめがけてマイクロ波パルスをビームで発射できます。
要するに、幻聴を発生させることができます。

下記は記事の引用です。

心拍パターンで「壁の向こうにいる人間」を個人識別
http://wired.jp/2012/03/28/follow-your-heart-darpas-quest-to-find-you-by-your-heartbeat/
448810329_aba6192125_z(1).jpg


米軍は現在、8mの距離や厚さ20cmの壁越しに、隠れている人物の心拍や呼吸を検知できる技術を利用しているが、これをさらに進め、心拍パターンから個人の識別を行うセンサーの開発を目指している。

米軍は、あなたの呼吸を壁越しにとらえることができる。心臓の鼓動さえ、彼らには把握できる。群衆にまぎれれば大丈夫と思うかもしれないが、米軍のセンサーはあなたの「鼓動のパターン」であなたを識別しようとしている。

米国防総省の国防高等研究計画局(DARPA)は2011年11月、心拍のような生体情報を壁越しに探知できる既存技術をさらに進めると発表した。「遠隔バイオメトリクス(Biometrics-at-a-distance)」と呼ばれるこのプログラムの目標は、群衆の中にいる個人を遠隔から識別できるセンサーの開発だ。

指紋や虹彩、さらには静脈パターンのように、心拍パターンは群衆の中で個人を識別する生体情報となりうる。DARPAは心電図(心臓の電気的活動の分析)等の心拍情報をセンサーが利用して、最高10人の識別・追跡を行えるようにしたいと考えている。

DARPAは2006年に、レーダー波を利用して呼吸に伴う動きを壁越しに感知・検出する『レーダー・スコープ』を開発した。

米陸軍は2007年から、ドップラー・レーダーを利用して心拍を探知するシステム『ライフ・リーダー(LifeReader)』の研究を支援している。そして最近は、壁越しに人間や動物の存在を感知できる『AN/PPS-26 STTW』や、[壁越しに心拍や呼吸を検知する]米TiaLinx社の携帯スキャナー『Eagle』(日本語版記事)のような機器を利用している。AN/PPS-26 STTWという名称の中のSTTWとは、「Sense Through the Wall(壁越しに感知する)」の略だ。

こうしたシステムが高精度で感知できる距離は、いまのところほとんどが約8m以内だ。また、厚み約20cm以下のコンクリート壁の向こうを検知できる機器もあるが、こうした機器も壁がもっと厚い場所や壁が何重にもある場所では性能が落ちる。そのためDARPAは、雑然とした市街地においても検知範囲が10mを超える次世代システムを求めている。

こうした技術は軍事だけではなく、例えば地震災害などの救援活動でも利用できると期待されている。

http://wired.jp/2012/03/28/follow-your-heart-darpas-quest-to-find-you-by-your-heartbeat/


=引用終わり=

にほんブログ村 その他生活ブログ 犯罪被害へ
にほんブログ村

【街宣情報】

今月も集団ストーカー被害者の会ネットワークでは、東京・千葉・大阪・京都・名古屋の全国各地で街宣が行われるようです。
詳細は下記をご覧ください。

☆集団ストーカー被害者の会ネットワーク
http://gsti.web.fc2.com/



電磁波(マイクロ波)兵器は、現存する!!

【日頃の被害記録】

9月6日(金)

このところ雨が続いていた鳥取地方ですが、今朝は晴れております。

昨夜も午後8時半~、カルト創価公明党とカルト警察による電磁波での強制睡眠と、身体攻撃の強制覚醒の睡眠妨害を、交互に照射するという、馬鹿のお家芸が炸裂しました。

電磁波での強制睡眠の攻撃の証拠に、同じ場所にいると強烈に眠くなりますが、ちょと場所を移動すると直ぐに目が覚めて、しばらく同じ場所にいると再び催眠術にかかったかのように眠くなるなり、その場所を移動すると眠気が取れるのが特徴です。

午後10時半~、そのように強制睡眠を防御している事と、先日の鳥取米子街宣に行った事と記事拡散が、余程気に入らないのでしょう。
再び電磁波での強制睡眠と、更に激しい身体攻撃の痛みの照射を交互に延々行い、午前1時くらいまで睡眠妨害が続きました。

そして今朝は昨日と同じ、午前5時45分ジャストに起されて起床する。
何時に寝ようが目覚まし入らずで同じような時間に、それもジャストタイムに起されます。

このように、私はカルト創価公明党と警察にから、365日電磁波照射で、睡眠・起床操作されております。
自分達にはむかう者、気に入らない者に、とにかく毎日嫌がらせをしないと気がすまないのが、反日朝鮮カルト創価公明党と警察であり、まさしく朝鮮人や在日のメンタリティです。

【過去の記事】

☆創価学会や警察を中心とする組織犯罪、電磁波技術で強制的な眠気や騒音での睡眠妨害
http://ameblo.jp/touhutikuwa08/entry-11581487525.html


にほんブログ村 その他生活ブログ 犯罪被害へ
にほんブログ村
いつも応援クリック頂きありがとうございます。




電磁波(マイクロ波)兵器は、現存する!!

昨日も書きましたが、日本での電磁波犯罪は、紛れも無く創価学会と警察を中心とする反日組織が実行して、何年も前から、罪も無い一般人に対して行われている人権侵害の犯罪行為です。
アメリカやロシアのように、一刻も早い法改正が必用です。

『ロシアのマインドコントロール兵器に対する法整備』
http://www.google.co.jp/gwt/x?hl=ja&client=twitter&u=http%3A%2F%2Ft.co%2FigbZ6al2DJ



=飄(つむじ風)様から引用です=
http://hyouhei03.blogzine.jp/tumuzikaze/2013/04/post_b050.html

元MI5部員Dr. Barrie Trowerの語る
信憑性の高い内部告発と言えるであろう・・・
同時に、
これによる集団ストーカーも現存する!!
姿無き・証拠無き犯罪である!!


 これから3回に亘って、動画を掲載する予定であるが、『集団ストーカー』と言うと、眉をひそめる方も居ろう。被害妄想だと揶揄される向きもある。

 それも混在しているかも知れないが、本質的には存在すると判断するのが、正当である。

 何故なら、 その技術が現存し、その利用が容易であり、既に、解析された兵器体系となっているのは疑いようがない。秘密裏に謀略に用いられているというのは、間違いないことであろう。

 それも、イギリスのMI5(Military Intelligence section 5、軍情報部第5課)の要員が告白するのであるから、その信憑性は高い。しかも、現実にその実行の体現者の話である。

そして、驚くべき事に、数十万人の人体実験で死に至らしめているという話は壮絶である。

 日本でも不可解な事件が多発しているが、この兵器があれば、精神障害による猟奇事件も納得がいく。京都のワゴン暴走事件
http://hyouhei03.blogzine.jp/tumuzikaze/2012/04/i_phone_08f0.html

などは、その疑いを予てから持っている一人だが、改めて、考えると、その発生を誘導することは容易である。

 チャベス大統領の癌死事件は、おそらく、この兵器の使用実例であろう。この動画にも触れているが、ソ連時代のアメリカ大使館電磁波照射事件は、あまりにも有名である。

 アメリカでの銃乱射事件や、自爆テロなど事例はあまりの多い。可能性と、現状を理解するためには抑えておくべき事実であろう。

元英諜報部員が語る電磁波(マイクロ波)兵器


人間を遠隔操作する電磁兵器(insurance)


=引用終わり=

今月も集団ストーカー被害者の会ネットワークでは、東京・千葉・大阪・京都・名古屋の全国各地で街宣が行われるようです。
詳細は下記をご覧ください。

☆集団ストーカー被害者の会ネットワーク
http://gsti.web.fc2.com/



にほんブログ村 その他生活ブログ 犯罪被害へ
にほんブログ村

「中国軍は電磁波武器を開発」 囚人拷問にも利用か=米軍報告書

【日頃の被害記録】

9月5日(木)

今朝の鳥取市周辺は小雨が降っており、9月初旬にしては肌寒い気温です。

昨夜も食後2時間以内の、いつもの電磁波照射での猛烈な眠気がくる強制睡眠がありましたが、何とか我慢してネットをして、午後11時過ぎに入浴し、午後11時40分頃に就寝しました。
すると今度は、創価公明党とカルト警察による馬鹿の一つ覚えの電磁波照射での身体攻撃の強制覚醒の睡眠妨害をしてきました。
昨夜はいつもよりも必死に延々としてきており、午前1時半過ぎまで続けられました。
今朝は午前5時45分ジャストに強制的に起されて起床する。

バカルト創価公明党とカルト警察は、いつもそうですが、分かり易く365日馬鹿の一つ覚えしか出来ません。

【過去の記事】

☆創価学会や警察を中心とする組織犯罪、電磁波技術で強制的な眠気や騒音での睡眠妨害
http://ameblo.jp/touhutikuwa08/entry-11581487525.html

「テクノロジー犯罪について」純日本人会セミナー 平成25年2月10日


にほんブログ村 その他生活ブログ 犯罪被害へ
にほんブログ村
いつも応援クリック頂きありがとうございます。




「中国軍は電磁波武器を開発」 囚人拷問にも利用か=米軍報告書

アメリカやロシア他、海外ではもはや常識の電磁波犯罪ですが、日本ではマスコミも全く報道せず、必死に隠蔽状態です。

日本では紛れも無く、創価学会と警察を中心とする反日組織が実行して、罪も無い一般人に対して行われている人権侵害の犯罪行為です。

※関連記事
【電磁波兵器の身体攻撃/脳への電気ショックの利用】
http://sakuranbonokisethu.blog.fc2.com/blog-entry-343.html



=大紀元から引用です=
http://www.epochtimes.jp/jp/2011/07/html/d13705.html

 【大紀元日本7月25日】中国人民軍が、 対米との台湾をめぐる有事に備えて、強力な電磁波を使用した武器を開発していることが22日、アメリカ国家地上情報センターによる一部の軍事報告書で明らかになった。さらに、人体への影響を測定するために囚人の拷問に使われた可能性も指摘されている。

 報告書によると、中国軍の開発する電磁パルス(EMP)と強力マイクロ波(HPM)を使用した電磁波武器は、通信レーダーを含む広範囲内のすべての電子機器を使用不能にし、軍事衛星システムの機能を低下させることが出来るという。これにより軍事力において米軍より劣る中国軍が、台湾有事の際、米軍からの空母や核兵器の攻撃を抑えて米軍を負かすことが可能になる、と報告書は指摘している。

 電磁波武器は通常、高度100キロ~数100キロの高層大気圏で使用されるが、電磁波の効果を中国大陸を避けた限定的なものにするため、 台湾周辺の上空30~40メートルという極めて低い高度で爆破し、中国本土における損害を最小限に抑えるという。

 この武器の影響は、EMPによる電子機器障害がほとんどのため、大量破壊兵器であると同時に非致死性でもある。この特性を利用して、「強制的な台湾再統一の実行にあたり、犠牲者を最小限に食い止めることで台湾内の憎しみを少なくすることができる」と、中国当局の意図が想定されている。

 また中国軍は既に、ねずみやウサギ、犬、猿など動物を使った実験を行い、目や脳、骨髄、臓器に損傷をもたらすことを把握しているとされ、さらに軍の施設内で囚人への拷問に使われた可能性も指摘されている。

 実験の目的は、強力なEMPとHPMによる、中国軍の隊員などの人体および所有する武器への影響力を測るためと推測されている。

 電磁波武器研究機関である非営利組織「EMPアクト・アメリカ」のプライ代表は、「中国が超強力な電磁波フィールドを生み出す兵器を開発しているか、あるいは既に開発を完了したことが裏付けされている。兵器は、米軍から盗用した設計を部分的に利用している」と、米紙ワシントン・タイムズの取材に対して答えた。

 電磁波武器が発射されるケースについて米軍は2つの可能性を想定している。1つは有事の際、米空母と台湾など敵対的勢力を攻撃することであり、もう1つは平時に台湾防衛のために敷いた米軍の動きを抑制することだ。


=引用終わり=






今月も集団ストーカー被害者の会ネットワークでは、東京・千葉・大阪・京都・名古屋の全国各地で街宣が行われるようです。
詳細は下記をご覧ください。

☆集団ストーカー被害者の会ネットワーク
http://gsti.web.fc2.com/



にほんブログ村 その他生活ブログ 犯罪被害へ
にほんブログ村


自動車やトイレが狙われる サイバー攻撃の新たな脅威・創価学会の電磁波・監視人工衛星

【日頃の被害記録】

8月21日(水)

入社2日目、午前中は先輩営業社員と同行させてもらい、お客さん宅やお得意さん廻りをしました。

画像のような、のどかな場所を営業で走ってます。
P1040157(1).jpg

午後は、昨日同様に1人でお得さん廻りに出掛けたのですが、車を運転して少しすると、連夜の睡眠妨害の影響で激しい睡魔に襲われました。

このまま走らせると危険だと思い近くにあった、デパートの立体駐車場で休憩する事にしたのですが、休憩して直ぐに、自宅同様の電磁波照射での内臓周辺を狙った身体攻撃が何度もあり、その攻撃が開始してから、キーンという耳鳴りがずっと鳴り響いていました。
どちらも自宅で行われる睡眠妨害と全く同じです。

私は今まで旅行で全国各地を廻りましたが、何処で宿泊しても自宅での睡眠妨害と全く同じ攻撃をされる体験をしています。

創価学会や創価大学では、訳の分からない人工衛星を沢山打ち上げているが、遠隔の電磁波攻撃というのは、衛星からターゲットを特定して狙ってピンポンイントで攻撃しているのがお分かりだと思います。


そして午前0時頃から、昨夜も3日間連続の、カルト創価公明党と警察による、電磁波照射での身体攻撃で眠らせない睡眠妨害があり1時間近く攻撃されました。
午前3時25分頃、いつものように電磁波で強制的に起された1分後、自宅前に救急車がサイレンを鳴らして通過して行きました。
午前6時40分に起床すると、今度はその5分後、再び自宅前に救急車が通過。

会社でもトイレのタイミングに合わそうと、救急車を通過させて来ていますが、電磁波同様に何年も前から今でもずっと、カルト創価公明党と警察は、馬鹿の一つ覚えしか出来ません。

しかし24時間タイミングを合わそうと必死に行ってきていますが、全てタイミングがずれている事が笑えますにひひ


☆米軍、イラクで新型電磁波兵器を配備か 米国内で開発中止と配備撤回もとめる運動
http://www.nikkanberita.com/read.cgi?id=200607211126205

☆創価大学の人工衛星
http://sokanomori.exblog.jp/14399530/

☆創価GPS電磁波
http://www.lbtg2.com/index.cgi?no=2978
非公開らしいですが、アメリカ創価学会がロスで数十億円規模で奇怪な人工衛星を打ち上げていたそうです。ググルと出てきますが。創価のスパイ衛星は日本で打ち上げたネガイだけではなかった。スマホや携帯のGPS位置情報を割り出し人工衛星からスポット攻撃すると噂されています。しかもそのマイクロ波に音声を乗せ、パラメトリックスピーカー商品"三菱電機 エンジニアリング ここだけ"を人工衛星から行っているらしいです。


「テクノロジー犯罪について」純日本人会セミナー 平成25年2月10日



にほんブログ村 その他生活ブログ 犯罪被害へ
にほんブログ村
いつも応援クリック頂きありがとうございます。


自動車やトイレが狙われる サイバー攻撃の新たな脅威

昨日の気になったニュースを引用します。
科学技術は日々進化していきますが、このようなハイテク技術を良い方向で使われたらよいのですが、金の亡者の利権団体のカルト創価学会公明党は、全て悪用しているのです。
危険なカルト団体に破防法を適用しなければなりません。


☆ヤフーニュース 8月20日(火)15時58分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130820-00010003-wordleaf-sci&p=1

=引用です=

「ハッキング」や「クラッキング」と呼ばれるサイバー攻撃は、パソコンやスマートフォンを対象にした犯罪だと思われがちです。しかし最近、ごく身近に存在する自動車やトイレがクラッキングの対象になり得ることが判明しました。スマート家電が、今までにない新たな脅威にさらされる恐れが出てきたのです。どういうことなのでしょうか?

乗っ取られたプリウス
 実験を行ったのは、米国防高等研究計画局(DARPA)の助成を受けて自動車のセキュリティ問題を研究しているTwitterのセキュリティ研究者 チャーリー・ミラー氏と、セキュリティ企業IOActiveのクリス・バラセク氏。対象車輌は米Fordの「エスケープ」とトヨタの「プリウス」です。

 実験では、ノートPCを使って後部座席から車の電子システムにアクセス。速度計や燃料計などメーターパネルの表示を変える、ホーンを鳴らすといった部分から、エンジンのオン・オフ、急加速やブレーキ、ステアリングの操作まで行えることを実証しました。米Forbes誌がYoutube上にアップロードした動画「Digital Carjackers Show Off New Attacks(http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=oqe6S6m73Zw)」では、記者の驚きとともにその様子が見られます。

 車輌とノートPCは有線だけでなく、無線でも接続することが可能。確かに従来から「カーセキュリティ」という分野は存在しますが、これはあくまでも盗難防止を主目的とするもの。今回のような“乗っ取り”に関しては、まったく方向性の異なるセキュリティが要求されます。そして何より、悪意ある第三者が車輌を遠隔操作できるようになると、その危険度は盗難の比ではありません。簡単な悪戯程度ならまだしも、複数台が絡む事故を意図的に起こしたり、テロに使われる可能性も考えられます。電子制御システムが隅々まで行き届き、なおかつインターネット接続機能まで有する現在の車輌のだからこそ、逆にこうした手口が通用してしまうというのは実に皮肉なものです。

トイレも攻撃の対象に?
 犯罪の危険性に晒されているのは、自動車に限ったことではありません。LIXILが展開するブランド「INAX」のシャワートイレ一体型便器「SATIS」の例を見てみましょう。

 同製品は、Android搭載スマートフォンに専用アプリ「My SATIS」をインストールすることにより、Bluetooth経由でリモコン操作が可能になるというもの。洗浄位置や水量の強弱などを設定できるほか、スマートフォン内の音楽をトイレ本体のスピーカーから再生したり、トイレ日記をつけるといったことも可能です。このMy SATISに脆弱性が発見されました。これを悪用すると、Bluetoothの通信範囲内であれば個室の外からでも各種操作が行えてしまいます。命の危険こそありませんが、継続的な嫌がらせ行為で精神的苦痛を与えるには十分といえるでしょう。

スマート家電を狙った事件は実際に起きている
 また、実際に事件となった例では、赤ちゃんの様子を別の部屋から確認できる「ベビーモニター」のクラッキングが挙げられます。米ヒューストンに住む夫婦が、子どもの寝ている部屋から不審な声が聞こえることに気付いて入室。すると、ベビーモニターから罵倒する男の声が発せられたというのです。このベビーモニターは、カメラとモニタをWi-Fi経由でつなぐタイプのもので、そこをクラッキングされたと見られています。

 最近は、外出先からインターネット経由で操作できる“スマート家電”ブームが到来。さらに、照明やエアコンのオン・オフ、お風呂の湯沸かしをはじめ、電子ロックの施錠・解錠まで行える住宅も登場しています。これらは確かに生活する上で便利なものですが、一方で犯罪者視点から見ると非常に利用価値の高い存在なのです。

 従来からあるパソコン関連のクラッキングは、あくまでも“情報の入手・破壊”などが最大の目的でした。しかし自動車やスマート家電については、第三者が敷地内へ侵入することなく物理的な工作が行えます。これは、今までにない新たな脅威といえるでしょう。しかも、こうした製品は今後さらに増えると予想されます。

 もちろん、生活の中で利便性を求めるのは決して悪いことではありません。しかし、利便性の中に“影”の部分が潜んでいることも忘れてはならない事実です。

=引用終わり=

にほんブログ村 その他生活ブログ 犯罪被害へ
にほんブログ村
いつも応援クリック頂きありがとうございます。



【鳥取・米子街宣告知】

集団ストーカー被害者の会ネットワーク
山陰被害者の会では、9月1日(日)に第1回鳥取米子街宣を行います。

開催日:平成25年9月1日(日)
集合時間: 12:45
開始時刻: 13:00
場所:JR米子駅前(バス乗り場寄り)

※雨天決行

注意事項 
・サングラス・マスク、深い帽子の3点着用はご遠慮願います。
 (1点のみ着用可)
・プラカード大歓迎、演説ご希望の方は原稿をご用意下さい。
・映像のupは主催側で行います。
 映像のボカシが必要な方は事前にお申し出願います。
・街宣終了後、懇親会も予定しています。
・懇親会のみの参加×

活動内容は、演説、チラシ配り、署名活動、のぼり旗です。

参加希望の方はミランダ様のブログまで。
http://sakuranbonokisethu.blog.fc2.com/blog-entry-332.html


にほんブログ村 その他生活ブログ 犯罪被害へ
にほんブログ村




プロフィール

とうふちくわ

Author:とうふちくわ
在日カルト創価学会と創価警察による、集団ストーカー・テクノロジー犯罪被害者。

最新記事
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。