スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

殺された伊丹十三監督は創価学会と暴力団とのつながりを知っていた!

【日頃の被害記録】

9月7日(土)

昨夜は前日強制睡眠を防御して攻撃を交わしたとブログに書いたので意地になったのでしょう。
食後午後7時半過ぎに強烈な睡魔が襲い、そのまま午後10時半ジャストまで寝かせられていまいました。
ブログに書いた事を見て、直ぐに反応して攻撃するのがカルト創価公明党とカルト警察です。

最近の創価学会公明党とカルト警察による馬鹿の一つ覚えの電磁波での必死の睡眠妨害で、日中朦朧としながら車を運転して仕事をしていますが、今度は午前1時20分に就寝すると、今度は電磁波で身体の至る箇所を攻撃され、3夜連続の必死の激しい睡眠妨害を3時半過ぎまで続けられ、その後も30分起きに強制的に起され、殆ど寝る事が出来ませんでした。

最終的に起されたのが午前6時半ジャストでしたが、これも昨日のブログ記事に反応したのでしょう。
最近はずっと目覚まし入らずで、6時前のジャストタイムに起されていたので、この時間に起されたのは引越して以来、初めてか久し振りです。

このように、私はカルト創価公明党と警察にから、365日電磁波照射で、睡眠・起床操作されております。
自分達にはむかう者、気に入らない者に、とにかく毎日嫌がらせをしないと気がすまないのが、反日朝鮮カルト創価公明党と警察であり、まさしく朝鮮人や在日のメンタリティです。


【過去の記事】

☆創価学会や警察を中心とする組織犯罪、電磁波技術で強制的な眠気や騒音での睡眠妨害
http://ameblo.jp/touhutikuwa08/entry-11581487525.html

「テクノロジー犯罪について」純日本人会セミナー 平成25年2月10日


にほんブログ村 その他生活ブログ 犯罪被害へ
にほんブログ村
いつも応援クリック頂きありがとうございます。




殺された伊丹十三監督は創価学会と暴力団とのつながりを知っていた!

「人権」「平和」と言いながら、ヤクザを使って殺人までするのが、創価公明党です。
創価公明党は、オウム真理教よりも何倍も危険な殺人カルト団体であり、そのような危険な団体を与党に入れて大臣にする日本は、世界の笑われものですね。
t02180320_0218032012043618036.jpg


=グレーより薔薇色様から引用です=

【1990年代 伊丹十三監督は創価学会と暴力団とのつながりを知っていた】
http://blog.goo.ne.jp/grzt9u2b/e/be14c0f703b74a1cccc61992785a8b03

皆さんは、すでに知っていると思いますが。。。

創価学会と暴力団との関係は後藤組だけではないですね 全国ネットで暴力団員と創価学会とは深いつながりがあります

それは「麻薬」「ノリエガ」『創価学会」で検索してみてください。ちなみに創価学会は暴力団排除を言い出しましたね これは

闇社会が使う 自作自演です 二枚舌 攪乱工作です 騙されるな!!  猿芝居もはなはだしい。 いつもの騙しと嘘です ダブルスタンダードとも言います

カルトから金をもらって クチ封じされている奴隷マスコミが 絶対に報道しない事柄が出てきます・



じつは「日本の右翼団体」を検索していて、どういうわけか 「伊丹十三監督」にたどり着いたたわけです 

すでに1990年代には 伊丹十三監督は「創価学会と暴力団」との関係を知っていたということです

 知らなかったのは我々庶民だけだったのです 



突然の死 [編集]1997年12月20日、伊丹プロダクションのある東京麻布のマンション下で遺体となって発見された。当初から、経緯について様々な推測が飛び交うことになった。

かつて『ミンボーの女』(1992年)公開後に襲撃事件があった経緯から、当初から暴力団の関与を疑う声はあった。

ただ、事務所にワープロ印字の遺書らしきものが残されていて、そこに「死をもって潔白を証明する」との文言があったことから、写真週刊誌「フラッシュ」により 不倫疑惑が取り沙汰されたことに対する抗議の投身自殺か、とも推測されるようになった。

だが、手書きでなくワープロというのが不自然だとされた。

また、死の直前、FLASHの記者から 不倫疑惑について問われた際、伊丹は笑いながら

「妻に聞いてみればいいよ」「(不倫疑惑は)いつものことだから」と 軽口で答え、その様子がFLASH誌面に掲載されている。

また 死の5日前まで医療廃棄物問題の取材も続けていた。「飛び降り自殺」はまさにその直後のことであり(インタビュー、FLASH発売直後)、

自殺直前の様子との不自然さから、その「自殺」には 強い疑惑が持たれ続けている。

ジェイク・エーデルスタインが取材した人物によると、伊丹は当時 後藤組と創価学会の関係を題材にした映画の企画を進めており

実際1997年に公開された映画マルタイの女は創価学会を題材にしていた。

創価学会関係者や後藤組組長の後藤忠政が それを快く思わず、後藤配下の5人が伊丹の体をつかんで 銃を突きつけ屋上から飛び降りさせたのが真相ともいう [11][12]。

また 大島渚や立川談志など古くから伊丹十三を知る人物も、警察が死因を「自殺」と断定した後も「不倫報道ぐらいのことで、あいつは自殺しない」と話し 自殺を否定した

[13]。上記の経緯より、暴力団員により殺害されたと解する説もあるのである。

また、2ちゃんねるでは伊丹の死には創価学会が関与したと断定する内容が流れ、その後、情報を掲載した管理者に80万円の支払いを命じる判決が下ったが未だに創価学会の関与を疑う人間もいる。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BC%8A%E4%B8%B9%E5%8D%81%E4%B8%89#.E7.AA.81.E7.84.B6.E3.81.AE.E6.AD.BB

皆さんは、すでに知っていると思いますが。。。

創価学会と暴力団との関係は後藤組だけではないですね 全国ネットで暴力団員と創価学会とは深いつながりがあります

それは「麻薬」「ノリエガ」『創価学会」で検索してみてください。ちなみに創価学会は暴力団排除を言い出しましたね これは

闇社会が使う 自作自演です 二枚舌 攪乱工作です 騙されるな!!  猿芝居もはなはだしい。 いつもの騙しと嘘です ダブルスタンダードとも言います

カルトから金をもらって クチ封じされている奴隷マスコミが 絶対に報道しない事柄が出てきます・


=引用終わり=

今月も集団ストーカー被害者の会ネットワークでは、東京・千葉・大阪・京都・名古屋の全国各地で街宣が行われるようです。
詳細は下記をご覧ください。

☆集団ストーカー被害者の会ネットワーク
http://gsti.web.fc2.com/



にほんブログ村 その他生活ブログ 犯罪被害へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

とうふちくわ

Author:とうふちくわ
在日カルト創価学会と創価警察による、集団ストーカー・テクノロジー犯罪被害者。

最新記事
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。